20220505

 霧に包まれた乳房山を兵庫県と東京都から来島されたお二人をご案内しました。

 

 春のこの時期は海水温が低いためか海上には靄がかかり乳房山には霧がかかることが多くあります。

 そうした環境が父島の乾燥した植生とは少し違う母島のウエットな森を作ります。そしてその湿潤な森の中にここにしか生息していないカタツムリが生息しています。

 昨日のツアーでもたくさんのそうした固有のカタツムリを確認できました。

 ガイドツアーでも多く確認できるということは健全だという証拠と思います。

 

 そうした母島のここにしかない自然をいつまでも後世に残したいですね。

 GWもそろそろ終わり内地に戻りいつもの生活が始まると思いますが、機会があったらまた母島でお会いしたいと思います。

お待ちしています。

続きを読む 0 コメント

20220501

 GWの初日、霧にけぶる石門へ30代の若いお客様を4名ご案内しました。

 そのうちのお一人のお客様からの申し込みの際に私から「トレッキングシューズをご用意ください。」といつものようにアナウンスしたところ、快く了解の旨の返事をいただきました。

 その後直前になりどうしても手に入らないと連絡がありました。事情を聴くとすでに父島に滞在していたとのこと・・・。

 今更お断りもできないのでスニーカーでの参加になりました。

 

 結果はやはり帰途の下り坂では大変苦労していました。

 石門ツアーでは足元を軽登山靴等でしかっりと固めることの重要性を再認識させられました。

 

 次回はトレッキングシューズで晴れた石門に挑戦してください。

 

続きを読む 0 コメント

20220420

 季節外れの台風1号直撃後の乳房山に左の写真の通り40年前に小笠原の父島に来たことがあるという私と同世代の客様と他は私たちの息子や娘と全く同世代の4名の若者をご案内しました。

 

 午前中は晴れ間があるまずまずのコンディションでしたがお昼を食べたころから霧が出始めました。

 午後の行程はカタツムリたちも午前中に確認できたので、霧で視界がなくなる前にと急いで頂上を目指しました。

 しかし、到着したときは東はほとんど視界がない霧で覆われえいました、西側で一部晴れ母島の集落や港を見下ろすことができました。

 

 見晴らしのなさは少し残念ですが、こうした霧がかかる乳房山だからこそみんなで探したあのカタツムリがあのような姿に進化できたのです。そうしたことを身をもって感じていただければと思います。

 

 皆さん、また機会がありまあしたら晴れ間がある乳房山に再挑戦してみてください。

 

 

続きを読む 2 コメント

20220218

 小笠原もこの時期は肌寒い日があります、そんな時期ですが今回のお客様3人は三日間とも快晴の天気に恵まれました。おかげさまでトレッキングには最適と思われるコンディションで過ごすことができました。

 

 3日間のスルーガイドのお客様は同じ山岳会(ロゴをアップしています)の仲の良い三人組です。その中のお一人が熊野古道でガイドを10年以上続けられているという経歴の方でした(こちらもロゴをアップしています)。

 

  初日は乳房山、二日目が南崎の小富士そして父島移動の今日が堺が岳です。

 決して大きいとは言えない母島ですがそれぞれの山や森の表情の違いを感じていただけたのであれば幸いです。今日から父島に戻りツアーも後半になりますが、母島と父島の違いを感じてみてください、そこが小笠原の面白いところの一つになります。

 

 機会があれば今回踏破できなかった石門に挑戦してみてください、今後も変わらぬご活躍を祈念しています。

続きを読む 0 コメント

20220129

 愛知県から来島されたお友達のお二人を乳房山と島内観光にご案内しました。

 

 乳房山ではアカガシラカラスバトやオガサワラオカモノアラガイに出会い、メグロが無警戒に近くまで飛来してくれることに海洋島ならではの鳥たちの習性を感じていただけたと思います。

 

 二日目の島内観光では今シーズン一番ザトウクジラがみられるコンデションに恵まれていました、御幸の浜園地では少し遠くにでしたがザトウクジラの群を確認しました。

 帰りの「ははじま丸」では、もっと近くで観察できることを願ってお別れしました。

 

 内地はコロナ渦が収まりません健康にご留意されてお過ごしください、そして機会があれば今回行くことができなかった南崎に挑戦してください。

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

20220123

 東京から二航海で来島した私より少しだけ先輩の仲の良いご夫婦を初日に南崎、そして今日は乳房山へとご案内しました。

 

 南崎では裏高根で春を告げるサクラソウ科のオオハマボッスに出会い、小富士の山頂からはザトウクジラの群を発見、帰途ではアカガシラカラスバトを近くで見ることができました。

 今日の乳房山でも、メグロの若鳥たちの水浴びやまたまたそこにもハトが登場、その後もオガサワラオカモノアラガイやテンスジオカモノアラガイをご自身で確認されています。

 お二人は生き物を引き寄せる何かを持っているのかと思うくらいこの二日間でご紹介したかった小笠原や母島の固有種に出会っています。

 ツアーでは実物をご紹介して見て頂き感じてもらい感動してもらうことがお客様の記憶に残る最良のことだと思っています。さらにそこでガイドがどうそれらを紹介しプロデュースするかがよりお客様の感動を引き出し満足度を高める一助になると思っています。

 

 残りの父島での海のツアーもきっとたくさんのクジラやイルカに会えることと思います、楽しんでください、次はご一緒に石門に行きたいですね。

続きを読む 0 コメント

20220108

 2022年初の茂木日記です。

 

 今年の最初に登場願ったお二人は父島で公務員のお仕事をされている若いご夫婦です。仕事柄母島へは何回か来島されているとのことですが、堺が岳へは行かれたことがないということです。

 今回この連休を利用して堺が岳の登山に挑戦してくれました。

 天候は写真の通り恵まれたのですが北風が冷たく尾根付近では上着が必要なくらいでした。

 この時期なのでオガサワラオカモノアラガイの成貝に出会うのは難しいのですが2頭の幼貝をご紹介することができました、父島では見ることができない母島固有の陸さん貝類です。

 

 最後は「ははじま丸」がドック入り中の代船として今後父母間を往復することになった新造船「くろしお丸」のお披露目に3人で参加して今日のツアーを終了しました。

 

 今後もお仕事などを通して係ることもあるかもしれません、その際は宜しくお願いします。

続きを読む 0 コメント

20211013

 秋めいてきた南崎と乳房山に私と同世代の女性お二人と、私たちの子供の年齢という若い男性のお客様をご案内しました。

 

 台風18,19号が近くに発生していましたがどちらも小笠原から遠ざかるように西と東に逸れてくれました。幸いそのおかげで写真の通り天候には恵まれました。

 

 三人のお客様には、乳房山と南崎の植生の違いを感じていただけるような開設を行いました、そしてその植生の違いから生息するカタツムリの違いなどを見ていただくことができたともいます。乳房山ではちょうどオガサワラオカモノアラガイの散乱シーズンです。オガサワラオカモノアラガイ、テンスジオカモノアラガイ両方の卵を発見しました。

 

 全く別々の申し込みで一緒になった縁です、旅の楽しさは旅先での人との出会いがあります、縁がありましたらまたどこかでご一緒したいですね。

続きを読む 0 コメント

20211001

 台風16号で着発便になった「おがさわら丸」で二航海来島中のお客様を乳房山にご案内しました。

 

 台風は直撃は免れたものの大変大きく勢力が強く母島にも影響がありました。吹き返しが多少を残る中もし危険と判断したら戻ることも考えています、という申し出に快く了解を得て出発しました。

 

 出発を10時過ぎに設定したこともあり、ほとんど台風の影響も感じることなくツアーを終了でき良かったです。

 

 途中、オガサワラオカモノアラガイやその卵等々この時期の乳房山でのの重要なキャストたちにもお目にかかれ貸し切りの乳房山を堪能していただけたのではないでしょうか。

 明日の「ははじま丸」臨時便がどうにか動いてくれれば後半の父島に行けますね、父島での海のツアーを楽しんでください。

 今日、残した宿題解決のため母島で再会できることを私も楽しみにしています。

 

 

続きを読む 0 コメント

20210927

 石門コースのご案内は自主ルールで9月で終了です。

 

 今季最後になる石門ガイドを行いました。

台風16号の発生で「おがさわら丸」が着発になる中、1泊しか母島に滞在できないことを承知で父島から母島に来島してくれました。

 小笠原へはダイビングを中心に何度も来島しているリピータ―のお客様です。

 

 今回の来島の一つの目的に石門ツアーがあったとのことです。

 そうした思いが多くの固有カタツムリの発見やメグロやオガサワラハシナガウグイスの登場に繋がったんですね。

 今日はお一人で乳房山に行かれるとのこと台風が近づいてはいますが今日はどうにか天気は大丈夫そうです。石門同様オガサワラオカモノアラガイやムニンシラガゴケを探してみてください。

 

 また、母島での再会をお待ちしています。

 

続きを読む 0 コメント

20210923

 卒業旅行を兼ねて小笠原に二航海で来島中の大学4年の3名を南崎にご案内しました。

 

 3人は同じ大学ということでもないのですが同じサークル仲間だということでした。

 以前はこのくらいの年齢のお客様が日記に登場するときは「私の娘と同世代の・・・」というフレーズを使っていましたがうちの娘たちは今はもうお客様より10歳も一回りも年上になっています、あたりまえだけど同時に私も歳をとっているんですね。

 写真の通り天候に恵まれた南崎は海と森のコントラストがとても生える一日でした、3人も残りの母島滞在を楽しんでください。

続きを読む 0 コメント

20210922

 戦前というより小笠原に人が入植し始めたころを彷彿させるような国際色豊かなメンバーを石門にご案内しました。

 

 スペイン、ポルトガル、フランス、ドイツそしてツアー中通訳をしてくれた台湾からのお客様5名です。

 

 天候にも恵まれ、石門からならではの景色と石門ならではのオガサワラオカモノアラガイをはじめとする固有のカタツムリやメグロを観察しました。

 

 

 

 明日は父島に戻りダイビングを楽しむとのことですが、大変ハッピーな皆さんです、またどこかでお会いできることを願っています。

続きを読む 0 コメント

20210819

 なんとはなくですが秋の気配を感じる乳房山にそれぞれ別に申し込みをされたお二人をご案内しました。

 

 男性のお客様は昨日南崎を一緒に歩いています。南崎の森と乳房山の雰囲気の違いを感じていただけました、女性のお客様は今日南崎に行かれるとのこと、同じように乳房山の森との違いを感じ取っていただければ幸いです。

 決して大きくはない母島ですがそうした植生の違いも多くのカタツムリの進化の背景になっています。

 毎年11月頃に発見するオガサワラオカモノアラガイの卵をこのツアーで確認しました。専門家からは秋以外の時期にも繁殖する話は聞いていましたが、それを確認したのは今回が初めてです、まだまだ暑い日は続きますが山は徐々に秋めいているのでしょうか?

続きを読む 0 コメント

20210724

 東京からお越しの大変仲の良い母娘のお二人を石門にご案内しました。娘さんは私の次女と同じ世代、久しく会っていない次女のことを思い出させてくれました。

 

 さて石門ですが夕べ降った雨でしっぽりと濡れそぼった森で石門の雰囲気が良く出ていました、おかげさまで是非お二人にご紹介したかったカタツムリもたくさん登場してくれました。

 

 往路では霧の中だった堺が岳も帰途には霧も薄くなったので3人で登頂しました。目の前に広がる乳房山の北東斜面には吹き上がる雲霧を見ることができ、そのことが石門の森やカタツムリの進化に大きく関係していることが良くわかっていただけたと思います。

 

 後半は父島に戻られるとのこと、父島での滞在を楽しんで下さい、そしてまた母島でお会いできると嬉しいですね。

続きを読む 0 コメント

20210723

 東京都で小学校の教員をしている仲の良いご夫婦を乳房山にご案内しました。

 お二人の希望もあり今日の乳房山は山頂を目指すコースではなく眺めの良い東側のルートを歩きました。

 数年前に山頂から先が大きく崩落して登山道近くまで崩れてしまい今現在もそこが通行止めとなっています。

 そのことから山頂を目指すと先の尾根歩きができません。

 今日のお二人は山頂に行くことより眺めの良いこちらのコースを選びました、私もお客様と一緒にこのコースを歩くのは2020年3月以来です(この茂木日記に収録されています)。久しぶりの尾根歩きは私も気持ちが良かったです。一日も早く乳房山が周回できることをお願いしたいものですね。

 

 お客様お二人は明日父島に渡ります、小笠原旅行の後半を楽しんでください。

続きを読む 4 コメント

20210717

 私と同世代のお客様を二日続けて乳房山、石門へとご案内しました。

 

 同じ世代なのでみんなで記念撮影をしようと写したものが左の写真です。

 めったにこの日記に自分は登場しないのですが、たまにはと思い掲載しました。

 首からぶら下げているのはハズキルーペです。乳房山や石門で小さな陸さん貝類を探すとき必要です。

 

 お客様お二人は私より眼が良くこの日の乳房山では私より先に「オガサワラオカモノアガアラガイ」を発見してくれました。山頂下では{ハハジマノボタン」「オガサワラボチョウジ」の開花を確認。

 石門では「オガサワラシコウラン」が開花、また終点では早めの「ムニンセンニンソウ」が咲いていていました。この時期の母島の山が固有の花の開花を楽しめるベストシーズンかもしれませんね。

 

 同世代のお二人も内地に戻られいつもの生活が始まっていると思います、もし機会があれば次回は南崎にご一緒したいですね。

 

続きを読む 4 コメント

20210711

 真夏の到来を感じる南崎に東京から二航海で来島したご夫婦をご案内しました。

 奥様の方が25年前のに父島を訪れたことがあるということでその時はシュノーケリングのみでしたが、それ以来海のなかのの世界にはまってダイビングも始めたとのことで今回も父島で潜ってきたと話していました。

 

 今日は小笠原滞在の最終日、南崎のツアーを選択されました。

 

 南崎のコースは母島の濃い海の色と森のコントラストを楽しむコースです。

 今日のような快晴の時はその良さがより引き立って見られます。

 

 明日は、小笠原を離島する日ですが、内地に戻られても変わらぬご活躍を母島から祈念しています。

続きを読む 0 コメント

20210705

 およそ2か月ぶりの日記です、その間ガイドの仕事がなかったわけではなく、さぼっていました。

 

 さて昨日は夏の乳房山に私と同世代のお客様3名をご案内しました。

 左の写真から雰囲気が伝わるかと思いますが大変好奇心が強く明るいお客様です。

また、世界中を旅されていたりダイビングの経験もあるという行動派です。

 

 春と真夏の境目のこの時期の乳房山山頂付近は霧に覆われることが多いのですがこの日はほんの数時間の晴れ間がありその時間帯に山頂に行くことができ大変ラッキーでした。霧も立ち込める中での登頂だったためオガサワラオカモノアラガイをはじめ固有のカタツムリたちにもたくさん出会えました。

 

 ハハジマノボタンの開花も観察でき、いよいよ小笠原は本格的な夏に入ります。

 

 皆さんも内地の戻りいつもの生活が始まると思いますが変わらぬご活躍を祈念します。

 

 そしてまたいつの日か母島で再会出来たら大変うれしいです。

 

 

続きを読む 4 コメント

20210527

 おがさわら丸ドック入り中の5月27日に父島からのお客様と母島観光協会職員お二人を石門にご案内しました。

 

 父島からのお客様は同僚からぜひ母島の石門は見ておくべきとのアドバイスをもらって今回のツアーに参加したとのことです。

 石門は過去にも農業開拓がなかったため原生林に近い状態が保たれてる数少ない場所です、父島の乾性低木林も大変美しく世界的にも珍しい植生ですが、母島の湿性高木林はそうした父島の植生とは一味も二味も違う趣があります。小笠原の島々は決して大きくはないのですがそうした島それどれの個性の違いが大きな特徴かと思います。

 

 観光協会職員のお二人はお客様に石門を紹介する際の参考になったことと思います。

続きを読む 0 コメント

20210502

 GWの3日間、6年前に南崎をご案内した懐かしいお客様お二人を石門、乳房山そして今日は南の指定ルートをガイドします。

 

 左の写真は昨日の乳房山です。前列のお二人が岐阜からお越しのお客様で後ろの若い男性3人はこの休暇を利用して母島の山を散策に父島から来られた皆さんです。

 

 GWは例年梅雨のはしりで天候が崩れることが多いのですが昨日おとといと今のところ崩れることもなく天候には恵まれたツアーになりました。しかし昨日の乳房山では標高約300m以上が霧に包まれた雲霧林を歩きました。

 そのことで山頂からの景色はなかったものの、ここならではの固有のカタツムリにはたくさん出会えました。

 

 最後の写真が最終日に行った雄さん海岸で撮影したものです。プライベートビーチのように小さな海岸ですがとてもきれいなビーチです。

 

続きを読む 2 コメント

20210427

 台風2号が足早に母島の南を通過した直後ですが私とほぼ同世代で(お客様の方が私より若かったですが)北海道からのお客様を石門にご案内しました。

 

 話をして驚いたのですがお客様の長女と私の長女が同じ年の生まれで名前まで一緒でした。

 世の中こんな偶然があるのですね。

 

 そんな世間話も交えながらこの日は貸し切りの石門をのんびりと歩きました。

 

 ぜひご紹介したかったカタツムリやメグロにも出会うことができ下山後私の畑をご案内する途中では偶然にもアカガシラカラスバトにも遭遇しました。

 小笠原の世界遺産ってなかなか見えにくいかもしれませんが、今日出会った無防備の生き物たちを見て何かを感じていただければ幸いです。

 

 残りの父島二日間も楽しんでください、そして同じ名前の娘さんにぜひよろしくお伝えください。

続きを読む 0 コメント

20210331

 私より少々人生の先輩で大変仲の良いご夫婦を南崎にご案内しました。前日の予報は雨でしたがどうにかツアー中の降雨はなく時折薄日が差す天気でした。

 

 前回の日記では小笠原の春を告げる海に近いところに自生する植物「オオハマボッス」の写真をご紹介しました。

 今日は、山の植物で春を告げる「シマギョクシンカ」の開花写真をお客様とともに記載しました。

 

 今日は4月1日です、これから日に日に夏本番に向けて日差しも強くなり、気温も上がってくるでしょう。

 

 

続きを読む 2 コメント

20210322

 私の長女と同世代のお客様を南崎にご案内しました。

 

 春分も過ぎ母島にも春の到来を感じる日が多くなりました、その一つがお客様と一緒に左の写真に写っている「オオハマボッス」の開花です。オオハマボッスは、小笠原の固有種でサクラソウ科の海岸近くに生息する海浜植物です。

 派手な花ではないのですが清楚な純白のこの花の開花は海辺の植物では春を告げる花の代表になるのかと思います。

 今回は写真にはないのですが山の花では「シマギョクシンカ」というアカネ科の固有種の開花です、こちらの花も徐々に蕾がほころび始め春の到来を感じました。

 

 今日のお客様は明日の「ははじま丸」で父島に戻られるとのこと、天候にも恵まれると思います、残りの小笠原滞在を楽しんでください。そしてまたいつか母島で再会出来たらうれしいですね。

続きを読む 2 コメント

20210306

 父島母島で最高峰の乳房山らしく今日の山頂付近は写真の通り濃い霧に包まれています。

 そんな環境だからこそそこにしか進化しえなかった動植物がこの雲霧帯の中に生きています。

 

 今日のお客様は、大変仲の良い東京から来島していただいた母子です。お嬢様が学生時代に一度小笠原旅行を企画したものの台風でダメになり今回は再挑戦だったそうです。こんな話を聞いても小笠原は遠いところなんだと感じます。

 

 さてそんな乳房山山頂付近でお嬢様が「オガサワラオカモノアラガイ」を私が説明したとたんに発見してくれました。最近この貝を探すにはハズキルーペと懐中電灯が必要な私ですが若いっていいですね。観察眼もしっかり持っていた証拠です。最近めっきり少なくなっていることが気になりますが、このカタツムリも母島の雲霧帯で進化した動物の代表でしょう。

続きを読む 0 コメント

20210129

 私たち夫婦とほぼ同世代、そしてお子さんの世代と構成までほぼ一緒というお客様を二日続けて堺が岳南崎等をご案内しました。

 

 一日目の堺が岳は南風のなか母島を代表する湿性高木林の中を歩き山頂を踏破しました。二日目は前日の前線通過によって風向きが変わり北風の中小富士を目指しました。

 この時期は風向きによって体感する季節感が大きく変わります。堺が岳では春の気配、春の海を感じていただけましたが南崎では小笠原の冬を実感し頂けたと思います。

 右の写真は、南崎コースの途中にある裏高根の海側ではない方をバックにした写真です。小笠原には派手な色の花や鳥はいませんがこうした自然の色が作るコントラストが美しく映える時があります。

 30日の「ゆり丸」が運休になったため母島滞在が伸びた分、のんびりと母島時間を楽しんでください。

 

 

 

続きを読む 0 コメント

20201225

 東京都にお勤めしていて、小笠原勤務を希望している明るく気さくな若いお客様を二日間続けて南崎、堺が岳とご案内しました。

 天候は決して快晴という恵まれたものではありませんでしたが心配した雨もなくどちらのコースも踏破できました。

 

 南崎の小富士からは少し遠くでしたがザトウクジラを見ることができ、水場ではメグロの水浴びを観察しました。翌日の堺が岳は南崎とは違ううっそうとした森を紹介しました。

 

 20k㎡ほどの決して大きくはない母島ですが南部と中央部では植生の違いがあることを感じていただけたと思います。

 次回の来島はどんな形での来島でしょうか?

いづれにせよ小笠原での再会を楽しみにしています。

続きを読む 0 コメント

20201123

 去年の12月今年の3月そして今回とこの1年で3回目の小笠原来島のお客様を母島の南方面の景勝地をご案内しました。

 前回と今回は母島のみのご来島という母島ファンのお客様です。

 

 私は去年の12月に乳房山ガイドをして以来の1年ぶりの再会です。 去年の乳房山はそれなりに涼しい中でのトレッキングになりましたが、今日は昨日の雨雲がすっかりなくなり快晴の南崎を歩けました。

 そんなコンディションのなか濃い海の色と赤い土、緑の森、そして浅葱色の秋の空のコントラストを楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

 また機会があれば母島の山をご一緒したいですね。

続きを読む 2 コメント

20201103

 11月に入りすっかり秋めいた母島です。そんな過ごしやすい気候の中、学生時代の同級生のお二人を堺が岳、鍋弦山、御幸浜へご案内しました。

 沖村では薄日が差す天気でしたが堺が岳山頂付近は霧に包まれた雲霧の中です。

 お二人は父島で半年ほどアルバイトをして過ごされていたとのことで、こうした山の雰囲気を見ても父母の違いを感じていただけたのではないでしょうか?

 

 おひとりのお客様はこの後、父島を離れ沖永良部に行かれるとか、

 若いうちは自分の世界を広げることは、大変大事なことです。いろいろなことを経験してまた機会があれば小笠原を再訪してください、再会出来たらいろいろなお話を聞きたいです。

 またもうおひとりのお客様はまだ父島に滞在するとの話でしたが、私が父島に行ったときはお店に顔を出したいと思います。

その時は宜しくお願いします、なかなか父島に行く機会もないのですが。

 

 

続きを読む 0 コメント

20201021

   小笠原の南で発生した熱低の影響なのか、お昼前から少々荒れ気味になった乳房山へ二航海で来島している私の息子と変わらぬ歳のお客様をご案内しました。

 

 頂上付近では景色が全くない霧に包まれていました。しかし、そんな時こそ固有のカタツムリを探すには良いコンディションです。

 お客様のお母さんが生き物好きで自宅でカタツムリを飼育した経験もあるとのことで、ぜひ母親にここのカタツムリとの出会いを報告したいと言っていました。そうした思いが通じて今年、たぶん今月、孵化したばかりの固有のカタツムリを発見しました。

 明日はお一人で南崎へ行くとのことでしたが、明日はきっと晴れるでしょう。と乳房山では雨のためゆっくりと観察できなかったメグロとの出会いと南崎のきれいな海を楽しんでください。

 

続きを読む 2 コメント

20201013

   元職場の同僚という仲の良いお二人を乳房山にご案内しました。

 

 台風14号が熱帯低気圧になったもののやや不安定な天候の中のツアーになりました。

山頂近くでは通り雨にあいましたが、たまたま屋根のある休憩所にいたおかげで雨をしのぐことができました。

 そんな雨のおかげでこの後の写真にも紹介する「オガサワラオカモノアラガイ」「テンスジオカモノアラガイ」をそれぞれお二人がご自身で発見しました。またこの時期はどちらのカタツムリも産卵の時期です、それぞれの卵まで見ることができました。

 原因は不明ですが、どちらのカタツムリも減少している中両方に出会えたことはラッキーでした。世界でも母島の雲霧林にした生息していない貴重な陸さん貝類です。

 今日のようにガイド中に見つけることが容易な状況に戻ることを願っています。

 

 お二人ともこれからもお元気でお過ごしください、機会があればまた母島の山を一緒に歩きたいですね。

続きを読む 2 コメント

2012920

 

  母島の属島になる、無人島の向島に行きました。

 

 沖港から約20分で行けますが途中の海と空が夏と秋の間という感じでとてもきれいでした。

 

 昨日は石門で季節の移り変わりを感じましたが、今日は海の上でそれを感じられました。

 


2012919

 

 林野庁の仕事で石門に入林しました。3日前の都市大の皆さんと入ったときはそれほど激しく鳴いていなかったオガサワラゼミが昨日はメグロの声が全く聞けないほどの大合唱でした。

 オガサワラゼミは、ツクツクボウシの仲間のため9月から10月の夏の終わりに羽化して鳴き声を聞くことが出来ます。

 しかし、母島では1980年代に入ってきたグリーンアノールの捕食圧のため村の中ではほとんどオガサワラゼミの鳴き声を聞くことが出来なくなってしまいましたが、アノールの生息数が少ない石門のような薄暗い森の中とアノールのいない属島では、こうして頑張ってくれています。

 

 また帰り際、巡視路脇で今年初めてムニンシュスランの開花を確認しました。まだまだ暑い日が続く母島ですが森では季節の変わり目に入っています。

 

       ムニンシュスランの開花
       ムニンシュスランの開花

   萩谷准教授による母島の地質についての解説
   萩谷准教授による母島の地質についての解説

2012916

 

 9月14,15日続けて東京都市大学知識工学部自然科学科の先生お二人に学生たち4人と行動をともにしました。

 萩谷先生を中心に野外調査法と実習を昨年から小笠原で行っています。昨年はちょうど「3,11」のあのときに来島していましたが私は一日石門のガイドを引き受けただけの係りでしたが、今年はひょんなことから丸二日一緒に行動しよるも食事をともにしたりと去年よりつながりが深くなりました。目的意識を強く持ちまじめに自分の課題に取り組む学生ととても気さくな先生お二人がまるで家族のような雰囲気でした。

 来年また来島するのを楽しみにしています。

 

 また今回突然のなか外来種駆除の体験をセットアップして学生たちに大変意義深い示唆を与えてくださった日本森林技術協会の園田さんにはこの場をかりて御礼申し上げます。こうした取り組みが母島らしいツアーのひとつなのかな。

 

 と思った次第です。

 

  園田氏による母島での外来種駆除の現状と課題等についての解説
  園田氏による母島での外来種駆除の現状と課題等についての解説
         外来種ギンネム駆除の実体験
         外来種ギンネム駆除の実体験

   未明のホノルルクイーン
   未明のホノルルクイーン

2012907

 

 本日の日記は、ツアーのことではなく我が家(といっても都営住宅ですが)の庭(?)に咲いた森林性サボテン三角柱の花のことです。

 夜咲く一夜だけの月下美人はとても有名ですがその月下美人を一回り大きくしてちょっとエキゾチックにさせたのがこの花です。品種名で「ホノルルクイーン」と派手な名前がついています。

 

 15年ほど前に植えたのがこんなに大きくなり、毎年この時期に見事な花を一夜限りで続けて4~5日咲かせてくれます。

 

 ドラゴンフルーツというフルーツはこのサボテンの実です。また三角柱は丈夫なサボテンなので台木としてもよく利用されます。

 


        儀兵山休憩所にて
        儀兵山休憩所にて

2012903

 

 9月晴れの昨日、のりがいい元気なお嬢様お二人を早朝6時から乳房山にご案内しました。お一人は8回目もうお一人は2回目ただし母島は初めてというお二人です。そんなお二人に母島の感想を聞いてみると、「父島とは全然違う。のんびり感ゆっくり感がより濃い。」とのことでした。

 

 私たちはよく「母島らしさ」という言葉で差別化をしていますがその「母島らしさ」って人によって捉え方がまちまちだったりしています、その「母島らしさ」をもっと共有し具体化するのが母島の観光を特徴づけるひとつの道ではないかと思っています。

 

 元気なおふたりさん今度は石門に挑戦してみてください。

 

 

 

         大崩湾のグラデェーション
         大崩湾のグラデェーション

   堺が岳のムニンセンニンソウ
   堺が岳のムニンセンニンソウ

2012819

 

 私の長男茂木大海と母島保育園時代同級生だったという藤本文人君とその父と妹さんの3人と石門へ行きました。8月7日にはまだ五分咲きだったセンニンソウは写真のように満開で大変見応えもありました。

 日曜日でおとーさんの野球が終ってからの出発だったので、ちょうどここでお昼になり、縦に座って眺めのよい場所でさわやかな海風を受けながらのお弁当は、なかなか気分の良いものです。

 今日の石門は私たち以外誰も入山していませんでした。そんな静かな石門で(石門はそんなツアーが多いですが)昨日の雨がうそのように晴れた夏の1日で母島の森の一つを感じていただけたでしょうか?

 

 

     さーっ、これから石門を目指すぞ
     さーっ、これから石門を目指すぞ
   お疲れさま、帰途の藤本親子
   お疲れさま、帰途の藤本親子

      あっ、メグロ
      あっ、メグロ

2012813

 

 今日のガイドは、ほのぼのとした雰囲気を持つ親子を南崎にご案内しました。

 何度か南崎に設置してある人工水場でメグロの撮影を試みたのですが全て空振り。もうほとんど諦め、帰途「もう最後だしお水だけ入れてやりな・・」と小学校1年の幸ちゃんがペットボトルに溜まった水をバードバスに入れていたその最中にやってきました。全く彼女を警戒することなく50cmほどの距離で。

 驚いたのは幸ちゃんよりそれを観ていたご両親です、きっと至近距離でいい写真も撮れたことでしょう。

 

 

 

 

       メグロさん来ないかな
       メグロさん来ないかな

    ムニンセンニンソウ
    ムニンセンニンソウ

2012807

 

 久しぶりの石門ツアーです。

 

 新婚旅行のお二人は昨日の乳房山登山に続いてのお客様でした。

エコツアーの大切なことの一つは個人同士のつながりと私は思っています。

 それは、ガイドの私とお客様であったり今回のようにお客様同士の新鮮な出会いもその一つでしょう。

 

 若いころあっちこっちうろうろした経験で印象に残ったのは

その土地での人との出会いでした。

 そうしたサポートをするのも私たちガイドの仕事のひとつかな、と

思った今回の楽しいツアーでした。

 

    石門ルート途中にて、「それぞれ夢中」
    石門ルート途中にて、「それぞれ夢中」
       石門ルートからの大崩湾
       石門ルートからの大崩湾

石門終点、やっったと達成感のお客様方
石門終点、やっったと達成感のお客様方

2012727 

 

 本日は、30代の若いお客様を石門にご案内しました。 今回も昨日乳房山をガイドした若いご夫婦が続いて私のガイドで石門に行きました。 人それぞれです、嗜好や思い入れいろいろあるなか、やっと母島まできていただいたお客様に、母島のよさを伝え、またここで起こっている問題を共有することがガイドの仕事と思っています。

 

 サブガイドではなく、本人の勉強のためと同行してくれた芝崎さんには感謝しています。ガイドの仕事で大切なことの一つとして安全管理があります、石門ツアーで4人はmaxに近い人数でした、彼がいたことでとても気が楽になりお客様の対応も余裕が出来ました感謝しています、そんなツアー私も楽しめました、若い皆さんも楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

 それを物語るのはポーズを決めたこの写真かな??? 

 

     今日見えた大崩湾のグラディエイション
     今日見えた大崩湾のグラディエイション
ルートから遅咲きのオガサワラシコウラン撮影中
ルートから遅咲きのオガサワラシコウラン撮影中

2012719

 

 7月17,18日と続けて南崎のガイドでした。梅雨明けの青い空に海の色がとても美しい小富士からの写真を2枚ご紹介します。今日19日が大潮なのでちょうどお昼頃が干潮で珊瑚もよく見えています。

 母島ではこの時期、南崎の小富士からのこの景色が一番美しいかもしれませんね。

 

       小富士山頂より鰹鳥島を望む
       小富士山頂より鰹鳥島を望む
      山頂より南崎の浜を見下ろす
      山頂より南崎の浜を見下ろす

      乳房山下山中
      乳房山下山中

2012706

 

 久しぶりの乳房山ツアー、ハハジマノボタンやオガサワラシコウラン、イモランなど母島の夏花(?)が開花しているこの時期に、そうした夏花の様なお客様お二人をご案内出来たのは偶然だったのでしょうか?

 

 私の長女とほぼ変わらぬお二人をご案内しましたが、お二人のようにしっかりと自分を持って生きて欲しいと実娘に対し親父は思いました。

 

 すいません、個人的な話で・・・。

 

 彼女たちも大変喜んでいましたがこの時期母島のコアなお花に出会えるときです、海もなぎなのなので海山ともにお勧めの時です。

 

    オガサワラオカモノアラガイ捜索中
    オガサワラオカモノアラガイ捜索中
発見・・・happy
発見・・・happy

石門の終点 展望台にて
石門の終点 展望台にて

2012703

 

 本日は、外来種駆除のしごとで妹島に行っていました。27年母島在住で初上陸です。

 ハハジマメグロは、母島本島とその属島である向島と妹島にだけ生息しています。その理由は標高の高さと言われています。妹島は母島の属島の中では一番標高の高い島です。その高さが台風その他の天災からメグロを守ったのでしょうね。

 

 さて、本題になりますが昨日のツアーの写真です。昨日は石門に添付したお嬢様方をご案内しました。石門のよさが分かるにはまだ早いなんてかってにこちらが思っていた私の娘と同じ歳のお客さんもご覧の通りとても楽しそうでした。

 

 

 


      大崩湾撮影中
      大崩湾撮影中

2012626

 

 その後、予定通り9時に沖村を出発し乳房山に登り始めました、しかし10分もしないうちに予期せぬ雨が降り始め、南の暗い雲の方から落雷まで聞こえ始めました。雨はまだしも雷は登山にとって大変危険です。

 携帯が通じるところで観光協会事務局に電話をして下の状況を教えてもらい、結果半分くらいで下山しました。

 しかし下山してみるとその雲も薄らぎ明るくなってきました。そこで気を取り直して登ったのが堺が岳です。乳房山で見られなかったハハジマノボタンも見ることが出来たし、何より夏の濃い青々した母島の海と登れなかった乳房山を裏から拝見でき、お客様もまずまず満足だったのではないでしょうか?

 

                    石門方向 撮影中
                    石門方向 撮影中


 

2012626

 

 長い梅雨が終わり、例年通り返還祭をさかいに母島は夏本番です。

この日記も雨の光景ばかりをお伝えしましたが、写真は都営住宅のわが家から見た今朝7時30分ころの風景です。

 

 説明は不要。といった感じの夏空です、この時間に畑から戻ったのですが

すでに汗びっしょりです。

 

 今日は、これから女性のお客様お一人を乳房山にご案内します。梅雨の時と違って水は1リットル以上必要、また熱中症に備えてこれからはアイスノンも持って行きます。

 

 朝の乳房山頂上付近は、まだ雲に覆われていましたが、登頂のころは霧も晴れて母島の夏の海と空を期待したいものです 。

 

      わが家都営住宅からの海です    
      わが家都営住宅からの海です    

   堺が岳手前のヒメツバキ林
   堺が岳手前のヒメツバキ林

2012612

 

 6月中旬になり、内地の梅雨入りがニュースに聞かれる季節になりました。例年だとこの時期太平洋高気圧が安定しはじめ、いよいよ夏の本番か?

というころですが、今年は違います。暑くならない、梅雨があけない、です。

 

 そんな中新婚旅行のお二人とプロの写真家の3人を石門にご案内しました。写真家のお客様は取材ということではなくただ気に入った風景に出会うとシャッターを切るという感じでした。でも、しかしそこは、やはりプロです。写真のように三脚を立てさすがにとてもいい機種で撮影をされていました。

 新婚旅行のお二人も大変気さくなご夫婦で(前の日記もそういえば新婚さんでしたね)初対面とは思えない3人のよい雰囲気で楽しいツアーでした。

 

 

 

 マルハチに着生するシマゴショウを観察するおふたり
 マルハチに着生するシマゴショウを観察するおふたり

   樹上性カタツムリ撮影中
   樹上性カタツムリ撮影中

2012522

 

 5月も下旬に入り、山のお客様も団体から個人のお客様に変わってきています。そんななか今日は初々しい新婚さんカップルを石門にご案内しました。

 うち同様姉さん女房ということで奥様が常にリードする感じで進みました。(うちもそうかな)それでも高校時代山岳部だったご主人が足元の悪い(滑りやすい)下りのは、ご主人が奥様を気遣って帰途でした。(うちもそうかな)

 

        石門の終点 東港展望台
        石門の終点 東港展望台

ダウンロード
ハハジマメグロ
 日記に動画が貼り付けられるということで行ってみました。
メグロ1.avi
ビデオファイル 20.7 MB

       堺が岳登山中
       堺が岳登山中

2012430

 

 ゴールデンウイーク初日の今日は写真の通り若いお嬢様たちとの石門ツアーでした。大学でも生物を専攻していて今もそれを生かした仕事に従事している子もいました。

 そんな彼女たちですが、オガサワラオカモノアラガイを発見して「かわいい」と歓声をあげ、大崩湾の石灰が夕べの雨で流れ出ている白いグラディーションを観ては「きれー」と歓声をあげ、10mを超える木性シダのマルハチを見上げては感動したり。

 若いってほんといいですね。

 

 帰りのルートでは、おそらく今シーズン最後と思われるザトウクジラのブローにも出会えましたし、天気も快晴とはいかなかったものまずまず山歩きにはちょうどよい外気でしたし、春の石門を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

 

   巨大な着生シダ「シマオオタニワタリ」撮影中
   巨大な着生シダ「シマオオタニワタリ」撮影中
       石門ルート 小屋の沢
       石門ルート 小屋の沢

     早朝5時前の登山道
     早朝5時前の登山道

2012427

 

 前回は雨の石門、今回も雨シリーズというわけではないのですが雨の乳房山をご紹介します。昨年から林野庁関東森林管理局から母島の希少野生生物保護管理員という委託を受け月に3回ほど母島の森を巡視しています。

 今日は「ハハジマメグロ」のラインセンサスで乳房山に登りました。

小鳥たちは早朝が動きがよく、また繁殖のこの時期だと未明のころ雄のさえずりを聞くことが出来ます。

 メグロの密度は母島本島内ではかなり高いものと思います。「ヒィーヨェ」といった優しい地鳴きはツアー中でも必ずといっていいほどよく耳にしますが、オスがなく自分の縄張りを誇示したりメスを惹きつけるためのさえずりは、普段はなかなか聞くことが出来ません。

 この繁殖の時期の早朝に聞くことが出来るといわれています、そんな訳で写真のようにライトが必要なくらいのとき登り始めました。肝心のさえずりは1度だけ確認できたのですが、私の耳がまだその声に慣れていないので

聞き逃してしまっている可能性もあります。メジロのさえずりに似ていてやや低めに低音で鳴きます。

 

 ではなぜ早朝のこの時間にさえずるのか?

内地のカラ類(シジュウカラやコガラなど)は、メスが早朝に産卵をするそうです。そしてその産卵直後の数時間が次の卵の受精可能の率が高まるそうです、そんな時間にもし別のオスに浮気をされたら次の卵は自分以外の遺伝子を持った子になり他の父親の子を育てなくてはならなくなります。そこでカラ類はこの時期その早朝に一生懸命さえずるそうです。

 メグロの早朝のさえずりにも、カラ類にみられるような必然がきっとあるのでしょうね。

 

 写真は、そんなメグロと関係なく今日の朝のそれも雨にそぼる乳房山です。途中から降られたのですが、降り始めると鳥たちの動きが止まり、写真のような固有のカタツムリが大喜びしていました。

 

 

        雨で生き生きするシダ植物
        雨で生き生きするシダ植物
 雨で喜ぶ固有の樹上性カタツムリ
 雨で喜ぶ固有の樹上性カタツムリ

   霧につつまれた石門台地
   霧につつまれた石門台地

2012414

 

 春の低気圧の通過に伴って寒冷前線が小笠原の上空にあり、不安定な天候の中

石門へ巡視の仕事で入りました。

 このホームページのヘッダーの写真もそうなのですが、実は石門はしっぽりと霧につつまれた方のが雰囲気は出ると私は思っています。 実際ここ石門で生育している植物やカタツムリは、この高湿度に順応して進化したものばかりです。

 また霧に濡れた植物は生き生きとして写真写りもよくなります。

 


  コフキサルノコシカケ撮影中
  コフキサルノコシカケ撮影中

2012403

 

 きょうのお客さんも、2航海でゆっくりと父島母島の山と海を回られている一人旅の女性です。

 お仕事は薬の研究部門で活躍されているとのことで、石門の尾根ルートに出現する写真のサルノコシカケに興味をもたれたようです。昔は漢方の材料として珍重された時代もあったそうです。そんなお仕事のためかまたプライベートガイドだったので私も彼女に合わせたガイドが出来たのでいろいろなことを今日一日で吸収してくれました。

「また是非、母島に来ます」と明るい挨拶でわかれましたが、次回彼女が来るときもごみ一つ落ちていない変わらぬ石門をご案内したいものです。

 

          石門、小屋の沢
          石門、小屋の沢

頂上近くでカタツムリを探しているところ
頂上近くでカタツムリを探しているところ

2012401

 

 おがさわら丸出港翌日ですが、このホームページからお申込をしていただいた気さくな荒井さん親子が今日の乳房山ツアーのお客様です。

 天気予報は、曇りのち晴れでしたが、頂上が近づくお昼前になるとお日様はほとんどなくなりまさに霧の中の雲霧林を歩くツアーとなりました。

 そんな訳で、頂上からの眺望は見られませんでしたが、写真のように着生植物が生き生きしている様子やオガサワラオカモノアラガイ、テンスジオカモノアラガイ、その他固有の樹上性陸産貝類が沢山確認できました。

 荒井さん親子、明日は父島に渡り、まだ釣っていない小笠原での魚釣りに挑戦するそうです。

 長期の休みを調整する事が難しい日本社会ではなかなか出来ない事かもしれませんが荒井さん親子のように2航海の旅程で父母両島をゆっくり過ごすのが小笠原旅行の理想だと思います。

 

テリハハマボウに着生したシダたちに感嘆する荒井さん親子  
テリハハマボウに着生したシダたちに感嘆する荒井さん親子  

     親子でメグロの観察
     親子でメグロの観察

2012323

 

 快晴の乳房山登山日和の今日、ほのぼのとした親子のお客さんお二人をご案内しました。昨日は父島のハートロックに行かれたそうで、そこの森や植物の違いに驚いたり、春の母島の山の空気をいっぱい吸ってもらえました。

 そんな一日の中でお二人が一番喜んでくれたのは写真にあるメグロの観察だったのでは、登りのコースで国立公園区域に入ってすぐにある人口水場で10分ほど休憩をかねて座っていたら、次から次へとメグロやハシナガウグイスが水浴や給水に現れました。ここ何日かまとまった雨がなかったので自然の水場がなくなっていたようで、小鳥たちも気持ちよさそうに水浴びをしていました。

    ハハジマメグロ
    ハハジマメグロ

     カタツムリ観察中
     カタツムリ観察中

2012321

 

 今月から石門コースの一部が利用できるようになり、昨日のツアーは今年二回目の石門コースです。私の長女と同じ歳の若いおふたりでした。

 写真は、ルート脇に生育している母島の固有シダであるリュウビンタイモドキの大きな葉っぱの上にいたやはり母島の固有かたつむりオガサワラオカモノアラガイを観察し写真撮影の最中です。

 前回の石門ツアーでは、偶然アカガシラカラスバトに遭遇しました。

来月から全面利用できるようになりますがいろいろな自主ルールがあり、入林に際してはそれなりの装備と体力が必要です。もし石門ツアーをご希望されるとしたらそうしたことを確認の上お問い合わせください。

 

       オガサワラオカモノアラガイ
       オガサワラオカモノアラガイ

    オオハマボッスの開花
    オオハマボッスの開花

2012309

 

 3月に入って一週間が過ぎました、内地も暖かい日が続いているようですが、母島も急に春が訪れた陽気です。

 

 写真の「オオハマボッス」の花と「ムニンハマウド」の花序は、どちらも

春を告げる海浜性植物の代表です。サクラソウ科のオオハマボッスは可憐で清楚な雰囲気で春の訪れを教えてくれます。セリ科のムニンハマウドは、逆に男性的な力強さを持つ春の到来を感じます、写真では分かりづらいと思いますが今はまだつぼみです、これが開花するころはかなり夏の本番に近づいているころです。

 

 ツツジ科の「ムニンシャシャンボ」ですが、これは冬の花でこの花が終ると、春の訪れなのです。

 

 

          ムニンハマウドの花序
          ムニンハマウドの花序
       ムニンシャシャンボの花
       ムニンシャシャンボの花

    オガサワラカワラヒワ
    オガサワラカワラヒワ

2012223

 

 巡検という国有林地と民有地の境界杭をチェックする仕事で、島民もあまり知らない母島の北にある館山に行く予定でした。準備万端整え「さー出発」と行った途端に雨が降り始め中止としました。

 この仕事のおかげで、普段足を踏み入れる事のないようなところへ行く事ができます。今後も続きそうなのでこの日記のねたとして利用しようと思っています。

 

 さて、そんなわけで時間が突然空いたのでこの日記を書き始めました。写真はオガサワラカワラヒワという母島列島と火山列島(硫黄列島)のみに生息する

カワラヒワの一亜種です。内地にいるカワラヒワより体が小型なのに対してくちばしが大きいのが特徴です。これは内地のカワラヒワが食べる種子より硬い小笠原の乾性低木林の樹木の実を餌としているためといわれています。

 先便のガイドツアーのお客さんのなかにバードウオッチャーがいて、南崎に行ったとき、ぜひ見たいと言っていたのですが現れる事がなかったのでここに登場してもらいました。

 写真のオガサワラカワラヒワは、2009年の秋に写したオスの写真です。私たち島民もめったに見る事が少なくなった小鳥で絶滅危惧IB類(EN)に属しています。